遺言の方式は法律上複数ある

遺言は、遺言者の明確な最終意思を確かめてこれに法的効果を与えようとする制度で、その方式は法律上複数あります。
まず、大きく分けて普通方式と特別方式とがあり、特別方式は臨終や隔絶地の特別な状況下で作成する方式である為、一般的には普通方式によります。
そして、普通方式には3種類あり、自筆証書、公正証書、秘密証書遺言とがあります。
自筆証書の方式は広く一般に採用されるもので、書式に従って自分だけで作成でき、変更もいつでも行える特徴があります。
また、公正証書による方式では、2人以上の証人の立会を必要とし、公証人に趣旨を口授してその公証人の筆により作成されます。
そして、公証人は法律の専門家であることから、自筆で作成する場合のように書き損じる心配はなく、その為証書の法的な証拠力が高く、後に検認が不要であるメリットもあります。
更に、秘密証書による場合は、本人又は第三者が書いたものを公証人1人と証人2人以上の前に提出して、それぞれが封紙に署名・捺印することで成立します。
その為、名前の通りある程度秘密が保てる特徴がありますが、書式自体の確認は行われない為、書き損じの恐れがあり、また検認も必要です。

Copyright(c) 法律 遺言 All Rights Reserved.