法律と遺言についてのこと

私は自分の遺産をどのように相続させるかについて、とても強い関心があります。
どのように遺産を相続させるかで、それを相続した人間の将来も大きく変わるからです。
ですからできるだけ適正な方法で遺産を分配したいと思っているのですが、何もしないままでいた場合には、自分の意思を実現することはできません。
そこで私は遺産に関する自分の意志を残すために遺言を書いてみることにしました。
私はそれをどのように書けばいいのかもわからなかったのですが、まあとにかく書いてみなければ始まらないということで、相続に関する自分の意志を頭で確認しながら、すらすらと遺言を書いていきました。
私は書き終わったものをもう一度読んで確認して、その出来栄えにとても満足したのですが、書き終わってしばらくしてから大きな問題があることに気がつきました。
遺言を書く場合には法律に定められた規定を守らなければいけないことを知ったからです。
そこで私はすぐに書き直しをしました。

Copyright(c) 法律 遺言 All Rights Reserved.