トラブルを回避する遺言書の残し方

両親のいずれかが死亡すると、残された配偶者や子供は葬儀や納骨、遺品整理など、かなりのエネルギーを消費するのが常です。
さらに、遺産がある場合は、それをどのように分配するか、つまり、相続が問題になることがあります。
トラブルを避けるために、故人が生前に遺言書を残すことがありますが、この場合は、民法の定める法定相続人よりも優先して遺産が相続されることになります。
遺言書は、弁護士や行政書士等の専門家に託すか、あるいは、公正証書にして残すかのいずれかになります。
しかし、その内容を事前に知らされていない場合は、残された家族がその内容に驚くこともあります。
例えば、特定の家族に遺産の大半を相続させたり、家族でもない人に相続させるなどのケースが考えられます。
あるいは、土地や家屋のように割り切るのが困難な遺産や事業継承の権利なども、問題になる可能性があります。
遺言書を残す行為自体は、後々の法律的なトラブルを避ける意味で効果的な方法ではありますが、その場合は、事前に家族と協議して合意した上で残すことが望まれます。

Copyright(c) 法律 遺言 All Rights Reserved.